喪女オタ頑張るブログ

喪女・オタ・ブス・金欠な女のブログ

オナクラ体入の話

2017年8月某日

緊急でお金が欲しかった私は、その日の面接アンド体入だったモデルバイトで、客がいなくて体入が出来ないとわかるとその場でオナクラの求人ページを開いた。

約1時間後、オナクラの面接を受け、体入に至る。

お店は「見るだけで稼げる!!」と書いてあった池袋の店。メニュー内容やキャスト紹介で、口を使わなくても良さそうだったので面接を決めました。

結論から言おう。「見るだけでは稼げない!!!」(当たり前だが)

お店はコース料金のバックはなし、オプション代全額バックだったので本当に見るだけだと1円も手に入らないよ!!!!!

多分バ◯ラとか風俗系の求人サイトで「見るだけ!」って書いてあるのは8割嘘。

ちなみに体入5万保証もされなかった。

でもこの店はあとでホ……ラブとか爆……とかで調べたら結構良心的な店だったらしい。

午後3時から8時くらいまで3人さばき、うち一人がいいお客さんだったおかげで27Kをゲットして帰った。そのお客さんがいなかったら20K行かなかったはず。



ちなみにオプション内容でOKしたのがハンドサービスとオールヌード、お客さんへの乳首ぜめ、私へのタッチ、スキンあり素股(←これは裏オプみたいな感じでOKした。本番さえしなければいいよ!ってお店の人も言っていたので交渉した。)くらいかな。

オナクラといってもラブホに呼ばれるタイプだったので、ホテヘルみたいな業態なんだろうね。

でも本強みたいな怖い目には合わなかったし、比較的客層が良かった印象。

なんで辞めたかというとやっぱり風俗の名簿に残る期間が長いの嫌だなって言うのと(デリヘルの名簿は店舗に設置で退店後も3年間残る)、仕事内容が精神的に疲れてそれから3日間くらい悪夢を見るようになったからです。


以上、オナクラ体入の記録でした。